木を見て森を見ず

今週から自動車通勤になってしまったので blog を帰りの通勤時間に書くという事ができなくなってしまいました。

と言って放置するのも何なので時間のある時に当面は書こうと思います。

ルーチンとして固定さした方が続くのは確かなので何か考えたいと思います。

良い方法を考えつくまでの暫定措置だと思って下さい。

今日はやはりトランプさんが米大統領に就任した事を受けた報道が続きました。

日本に大きな影響がないだろうと思われる人達も不安に思っているようです。

彼が今まで言っていた事を実行する事が自分にどういう影響があるか、まだまだ分からないから不安なのでしょう。

しかし、彼の政策は基本がアメリカン第一、アメリカ国民のそれも中間層の生活を改善するために公共事業をやり、周辺国からの輸入に関税をかけるというものです。

アメリカン国民には受け入れられる可能性も無いわけではありません。

ただ外交については日本もしばらく振り回される事でしょう。

時に安倍政権の外交政権は相手にとって常に見え透いたベタなものしかできないので、どんどん相手の言いなりになってしまう可能性が高いです。

ロシアでも韓国でも中国でも北朝鮮でも、結局は相手の自由にやらせている状態です。

しかもトランプ大統領と違い、安倍総理は国民の為に政治をやっている訳ではありません。

どちらの指導者が国民に多く支持される事になるのかお楽しみです。

マスコミ買収工作成功の後はただ消えるのみ

トランプさんが会見したニュースばかり。

そして彼に質問しようとしたマスコミを嘘つきだと罵り無視しました。

その様子は日本でも詳しく報道されています。

確かにトランプさんの言動を素直に受け入れる事はできません。

ただマスコミがその態度に反抗する姿はとてもうらやましい限りです。

対して日本はというと、同じように暴言を国会内で繰り返し国民をバカにし続け、嘘をつき続けた総理に対して、寿司で接待を受けてニコニコしてるマスコミ。ちょっと異論を発表すると猛抗議を受けて主張を引っ込めたり、担当者を交代させたり。総理のご機嫌取りしかしていません。

この状態では共謀罪も簡単に可決されてしまうでしょう。

国民=テロリストの図式

共同通信社の単独インタビューで安倍総理が共謀罪の成立なしで東京オリンピックは開けないと言ったそうだという記事が東京新聞にでました。

あいかわらずバカです。

そもそも東京に誘致に成功したのは最後にイスタンブールとの最終投票で、日本の安全性が大きく貢献したと言われています。

東京がイスタンブールより安全なのは明らかですが、なのに共謀罪でテロ対策しないといけない程には危険なのでしょうか?

誘致で福島第一原子力発電所がアンダーコントロールだと嘘をつき(実際は今でもコントロールされた状態よりもレベルが低い水準です、残念ながら)、次はいつの間にやらアベノミクスの一つとなり、次が共謀罪を成功させるためのダシに使われてしまうという、結局どうしてオリンピックやりたいんだか分からない状況です。

菅官房長官が一般人は共謀罪の対象外だと言いましたが、これも眉唾です。

何故なら本気でテロを仕掛けてくる輩が一般人に紛れているはずだからです。

私がテロリストです!なんて看板を背負ってるはずはありません。

しかもテロを計画したという理由で共謀罪により逮捕しても、テロリストに手の内をさらす訳にはいかないと特定秘密に指定してしまったら何も分からないまま死刑にされてしまう可能性もゼロではありません。

本気でこんな政府に国を任せていて心配になりませんか?

プロフィール

四十郎

QRコード
QRコード